この空間は、ジョン・ポーソンによって醸造所をコンバージョンした住宅です。
ミニマルな手法を用いることで有名な、ジョン・ポーソンらしい計画となっています。
改築とは思えないほど美しい空間です。
 

 
白かべと淡い木目のコントラストがとても綺麗で、ポーソンの素材を活かす上手さが際立った設計となっています。
また、二階への階段とキッチンのまとまりが美しく、個人的にはこの計画部分が一番すきです。
 

 
寝室もシンプルで綺麗です。奥にはミースのバルセロナチェアーが置いてありますね。
 

 
一階が寝室、階段のふもとにキッチン、二階にリビングという、仕切りがほとんどない間取りとなっています。
開放感があり、気持ち良さそうですね。
今回はミニマル建築の名手、ジョンポーソンのコンバージョン建築を紹介しました。
日本にも彼の設計した建築が沖縄などにあるので、ぜひ行ってみてください!