六甲の集合住宅Ⅲ,安藤忠雄

安藤建築に住みたい。そう思い不動産を探してみました。

安藤忠雄さんに設計依頼をするという選択もあるかと思いますが、噂では4000万円程度~の設計依頼が多いと聞きました。

やはり普通の住宅でもRC造のため費用が高いのかもしれません。

まあ、設計の内容で高くなっているのはもちろんあると思いますが(笑)

実際、安藤忠雄さんの設計料は10%とのこと。若手だろうと、安藤忠雄さんであろうと一緒なんだと本人がインタビューでおっしゃっていました。

まあ、設計してもらうとなるとそもそも受けてくれるのかどうかも分からないのと、新築だとすぐに住めないし、土地代もかかるということで中古で探すことにしました。

中古物件といっても、やはり名作に住みたいという欲望があるので、知らない安藤建築はスルーで。(笑)

場所は私が住む関西圏で探すことに。

探した中で一番惹かれたのは、「六甲の集合住宅」です。

売りに出されるときは、六甲の集合住宅という名前ではなくマンション名で出されています。

そのため六甲の集合住宅と検索してもなかなか出にくいと思います。

六甲の集合住宅にはⅠ期、Ⅱ期、Ⅲ期があります。

「六甲の集合住宅Ⅰ」

(ザ・六甲アパートメント)

まず、六甲の集合住宅Ⅰは、「ザ・六甲アパートメント」という名前で売りに出されています。

全部で9戸しかないため、なかなか売りに出ていませんでしたが、過去の売買履歴を探すと2014年の取引が確認でき、5500万円で売買されています。

高。。(笑)

普通に安い土地で安藤さんに建築依頼した方が安いかもしれません。(笑)

また、本当に売りに出にくい物件であるため、費用が用意できたとしても購入できるかどうかはかなり運次第かと思います。

「六甲の集合住宅Ⅱ」

(パラマウント六甲)

次に六甲の集合住宅Ⅱですが、「パラマウント六甲」という名前で不動産サイトに掲載されています。

パラマウント六甲は賃貸住宅のようで、購入は出来ないようです。

購入して所有することを考えていたので、賃貸だとあまり興味は持てませんでしたが、なんせ六甲の集合住宅なので賃料次第では住んでみるのもありだ!と思い、調査をすすめることに。

高級賃貸と銘打ってあり、かなり高そうです。

賃料は、どの住戸かにもよるようですが、3つ発見したので掲載します。

  • 【13F 3LDK+2バス】 171.15㎡ 賃料:418,000円
  • 【10F 3LDK+2バス】 235.42㎡ 賃料:550,000円
  • 【 8F 4LDK+3バス】 277.9㎡ 賃料:605,000円

賃料が高すぎるのと、+バスの意味が分からない(笑)

ちなみに+バスというのは風呂が2個や3個あるという意味らしい。

いらんやろ(笑)お金持ちの感覚には驚かされます。

ただこのマンションには様々な施設があり、例えばプールだったり、ジムだったりします。

これらも共有物として使えるらしいので、ホテル暮らしのような感覚ですね。

ちなみに、間取りを転載させて頂きます。(出典:前田不動産さん)

【13F 3LDK+2バス】

【10F 3LDK+2バス】

【 8F 4LDK+3バス】

これ、一住戸ですか??と言いたくなるような間取りばかりです。

住みたいのもやまやまですが、予算的にちょっと厳しいですね。(笑)

「六甲の集合住宅Ⅲ」

(ジークレフ六甲の丘)

最後に六甲の集合住宅Ⅲですが、こちらは「ジークレフ六甲の丘」として売りに出されています。

こちらの価格ですが、住戸にもよりますが、約3000~4000万円です。

いきなり手が届く価格帯になりました。

その理由としてはⅠ期、Ⅱ期に比べて住戸数が圧倒的に多いからかもしれません。

ジークレフ六甲の丘はA棟~D棟まであり、それぞれ間取りが異なるようです。

例で一つ間取りを掲載させて頂きます。

出典:ライフルホームズ

ライトコートがあったりと工夫がなされている間取りに見えますが、南側に洋室を固めるような設計を安藤さん以外がすると、普通に売れないマンションになりそうな気もします。(笑)

ジークレフ六甲の丘はかなり興味が沸き、購入できそうな価格帯だったので、今度内覧にいってこようと思います。

おすすめの記事