我が家は収納が少ないから~と言っている人、結構いませんか?

たとえば、こんなことになっていると要注意です。

  • 収納に入りきらないものを机に置く
  • 収納に入りきらないものを床に置く
  • 実家に使用頻度の少ないものを送っておく
  • トランクルームを借りる

これらに当てはまる方は、かなり危険です。

危険と言われても、だって収納が少ないんだもん。

と思うかもしれませんが、そうではないんです。

収納が少ないからではなく、モノが多いから

これは収納が少ないからではなく、モノが多いのです。

これに気づかなければ、棚まみれの部屋になります。

今回わざと新しく棚や収納ツールを購入するという選択肢を作りませんでした。

もし、棚を買えば解決するならば買っているからです。

モノを机や棚に置くというのは、これ以上棚を買うと生活スペースが圧迫されるからでなないでしょうか。

だいたい分かります。

なんたったて、僕がそうだったからです。(笑)

適切な収納スペースは全面積の10~20%

適切な収納スペースは全面積の10~20%程度に収めるのが理想です。

僕は仕事で何棟か住宅の設計をしました。

設計には様々なことを考慮しながら空間を作っていきますが、特に気を付けるのが収納スペースの確保です。

実際、収納スペースがない家はとても暮らしづらいです。

そのため、設計士はある程度収納のことを考えて設計します。

それは戸建て住宅だけでなく、マンションやアパートのような集合住宅も同様です。

確かに、作り付けのものですべての収納をまかえるように設計しているかと言われると、注文住宅でないかぎりそうでない家の方が多いかもしれません。

しかし、必要な収納は買っておくことは計算して作っています。

そのため、これ以上棚を増やすことが出来ず、モノがあふれるのは住み手に原因があります。(笑)

家を散らかせる原因TOP5と改善方法

本・雑誌・漫画

本や雑誌、漫画はついつい買ってしまいますよね。

しかし、その本必要ですか?

おそらくこのような理由で本を片付けられずにいるのではないでしょうか。

  • まだ読んでないから、後から読むから。
  • 合わなかったけど、捨てるのはもったいないから。
  • また読む可能性があるから。
  • 本棚に本がいっぱいある方が知的な感じがするから。

このような考えなら今すぐ処分しましょう。

買った時の勢いで読まなかった本なんて、後から絶対読みません。(笑)

ただ捨てるのはもったいないと思うので、メルカリに出品するかブックオフなどで売りましょう。

メルカリの方が高く売れると思いますが、売れなければずっと家を散らかせる原因になりますので、おすすめは一気にブックオフで売り飛ばすことです。

高額で売れそうなものだけメルカリに出品して、あとはまとめてその日に売りに行きましょう!

本棚なんて家にいりません!

子供の教育に使う絵本や小説、学習本などは置いておくべきかと思いますが、それ以外はすっきりなくしましょう。

ただ、誤解してほしくないのは、これ以上本を買うなというわけではありません。

買うなら電子書籍にしましょう。

私はもう電子書籍でしか買っていません。

大体の本はAmazonのkindleで購入できます。

雑誌に関してはdマガジンですべて読めます。月額制で大量の雑誌が読めるので、実際月1冊雑誌を買っている人ならこれに乗り換えた方が得です。

得しかないです。

kindleは普通にスマホで読むことも出来ますし、kindle用のタブレットを購入して読むのもお勧めです。

Kindle Paperwhite

電子書籍

View Detail >

kindleペーパーホワイトは使っている人も多いですね。

divを経営しているマコなり社長も動画で紹介していました。

※マコなり社長を知らない人はyoutubeで検索してみてください。

電子書籍を使うメリットしては、不要な本を買ってしまったとしても場所を取らないことです。

どれだけ本を買っても、スマホの中に増えていくだけなので、片付け下手には魔法のようなツールです!!

洋服は散らかっていると、かなり汚く見えます。

実際汚いですし(笑)

どうすれば良いかというと、最近着た服と着てない服に分けて、着てない服は処分しましょう。

これから着るかもしれないからという理由で取っておく人もいるかもしれませんが、その服最後に着たのはいつですか?

  • 最近着ている服ではない。
  • ここぞというと時にも着てない
  • 最後に着たのはいつか覚えてない。

もしこんな状態の服であれば処分対象です。

でもこんなこと分かっていると思います。

おそらく捨てられない原因の一つは「思い出・愛着があるから」でないでしょうか。

これが結構厄介な原因ですよね。

ただ、これを見るまでその服の思い出を思い出すタイミングありました?

人は目に見えているものしか普段意識しません。

その服も、その服を見たから存在を思い出したのではないでしょうか?

それなら処分してしまって思い出を捨ててしまっても、生活は変わりません。

大丈夫です、すてましょう(笑)

書類

学校でもらった書類、昔のプリント、説明書、そのたもろもろ書類はなんだかんだスペースを取っていると思います。

これらを取っている人の心理

  • 結構重要なことが書いてあるし、また見るかも。
  • 昔の思い出、記念に。
  • 説明書なくしたら万が一のことが。

こんな感じでしょうか。

それならば問題ありません。

速攻解決できます。

それは、スキャンを取ることです。

電子データに変換しましょう。

フォルダに保存しておけば一瞬です。

ここで気を付けたいのが、説明書はスキャンで良いですが、保証書がついているものは、原本が必要な場合も多いです。

捨てたらダメなものもあると思うので、それは自己判断で!(笑)

今回のまとめ

  • 収納が少ないのは、モノが多いから
  • 電子データで代用できるものは、すぐに移行

以上でした!