初めて憧れのsnowpeakを買う!

キャンプを始めたばかりの頃、私にはどうしても欲しい憧れのブランドがありました。
それがsnowpeakです。

私がキャンプを始めた時、周りにはキャンプに慣れた人はおらず、友達数人と一緒にキャンプに使えそうなものを持ち寄ってキャンプをしていました。

何を買えばいいかも分からずにホームセンターで900円くらいのアウトドアチェアやプラスチックのテーブルを買います。友達は父親に借りた渋いタープや家にあったブルーシートなどを持ってきて、ちぐはぐなアイテムを集めてキャンプをしていました。

最初は自分たちのことで精一杯だったのですが、2,3回と経験するうちに周りキャンパーさんを観察する余裕雨が生まれ、色々な方のキャンプサイトを遠くから眺めていました。
YouTubeでもおしゃれなキャンパーさん達の動画をみて、つぎはアレを買おう!とか考えるようになっていました。

色々な方のキャンプスタイルをみていくうちに、お洒落なキャンパーさんがsnowpeakというブランドをよく使っていることに気がつきました。
マグカップや焚き火台、テントなどでよく使われていました。
初めてみたときはそのあまりのカッコよさに何度も見返しちゃいました。

私はsnowpeakが欲しくなり、ネットでsnowpeak製品を調べてみて愕然としました。
そうです。とても値段が高いのです。
ホームセンターの商品からsnowpeakに手を出した私には落差がすごくて衝撃でした。(今ではホームセンターの商品の安さに衝撃をうけますがw)

どの商品も冗談かと思うくらい値段が高いのです。

ただの棒にしか見えない何かが5000円..
(正しくは スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004 )

100均にありそうなライトが4000!?
(たねほおずき。100均とか買いちゃいましたがすごく人気ですよね。)

Mac Book!???

このようにsnowpeak製品には色々な突っ込みどころを感じながらも、カッコいいキャンプに憧れて私はsnowpeak商品を買うことに決めました。

まさかの大失敗!最初は最初に買って後悔しちゃった商品

そんな私が初めて買ったsnowpeak製品はこちらです。snowpeak好きなら皆さんご存知ですよね。

HOME&CAMPバーナーです。
五徳部分が本体に格納できるという男心をくすぐるこのカッコいい商品に私の心は奪われたのです。
しかし、残念ながらこれが悲しみの始まりでした。
※この商品自体は素晴らしく、今では買って良かったと思いますが色々な理由で最初に買うのは気をつけましょうというお話です。

約1万円するHOME&CAMPバーナーですが、あまりのカッコよさに何も考えず買ってしまった私は、結果的に以下の点で苦労することになりました。

snowpeak製品にありがちな後悔その1。製品の入れ物がない。

まず何よりも最初に後悔したのはここでした。そうsnowpeak製品は専用の入れ物が付いていない製品が多いんです。これは本当にどうにかして欲しいですね。
今では専用の入れ物が別売で売っていますが、発売直後に買った私は入れ物が見つからないので近くのホームセンターにあるもので代用していました。(この代用については他の記事に書く予定なので、買いたらここにリンクをつけておきます。)

この別売の入れ物なのですが、実はコレがまた高いんです。ここについては賛同してくれる方もいると思いますがとにかくこの別売の入れ物が高いんです。
2タイプあるのですが、どちらも高いんですよね。

HOME&CAMPバーナーネオプレーンケース(2,480円)

ご購入 >

スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー収納バッグ UG-552(3,480円)

ご購入 >

この辺りを買うと結局1万5000円くらいにはなっちゃうのかなという感じですね。
現状では買って良かったと思ってますが、最初はちょっと残念でした。

snowpeak製品にありがちな後悔その2。製品が重い

次の後悔ポイントは重さです。実はsnowpeakの製品が重いというのはファンですら嘆いてる人を見かけるほどです。製品によっていろいろあるのですが、焚き火台がとても重いことは有名ですね。

私が購入したHOME&CAMPバーナーについても、それなりに重い商品です。
とはいえ、想像よりちょっと重いなと感じる程度なのでそれほど大きな問題にはならないですが、正直気軽なキャンプには向いていないと思います。私は気軽にキャンプに行って、午前中には帰ってくるようなキャンプのスタイルが多いので、なかなかHOME&CAMPバーナーを持っていく機会は多くありませんでした。
それが私の2つめの後悔になります。

初めてのsnowpeak製品を買うときは2つの後悔に気を付ける!

ここまでで2つの後悔ポイントをご紹介しました。
この後悔ポイントに気をつけておけば、snowpeak製品を購入して後悔することは減ると思います。

とはいえ、この2つのポイントはそれほど大きなマイナスにはならないので、私のように後から買った製品を好きになるかもしれません。すでに買ってしまった人は、その製品を好きになれるようにいろんな使い方を試してみましょう。

後悔しない初めてのsnowpeak製品

それでは前置きが長くなってしまいましたが初めてsnowpeak製品を買う人が後悔しないおすすめ製品をご紹介します!

アメニティドームシリーズ(テント)

言わずとしれた名作テントですね。
値段も高すぎることなく、かっこいいデザインで色々な方に愛されている製品です。
アメニティドームシリーズを買って後悔する人なんていないのではないでしょうか。

このアメニティドームシリーズはS,M,Lの3サイズあり、家族でキャンプをする方でも選択肢に入れることができます。
特徴としては左右非対称な作りになっており、その構造のおかげでこのテントだけでリビングルームを作ることができることでしょうか。サイズにもよりますが大人二人で食事などをとることもできるスペースは確保できます。

このアメニティドームシリーズに関しての使い心地は、YouTuberのGenya Filmsさんが何年もキャンプをするなかで動画に納めてくれていますので、ぜひご覧ください。非常に参考になります。(テント紹介系の動画ではありません)

製品情報

サイズ公式ページ値段対応人数高さ
Sリンク29,8003120
Mリンク36,8005150
Lリンク49,8006165

ご購入は以下から

サイズS

ご購入 >

サイズM

ご購入 >

サイズL

ご購入 >

マグカップシリーズ

snowpeakの定番製品といえばマグカップシリーズも定番ですね。
アウトドアショップでいろいろなブランドのマグカップが並べられていることも多いですが、その中でもsnowpeakのマグカップはダントツで輝いているように思います。

キャンプに慣れてない方はマグカップの選び方で迷うかもしれませんが、正直デザインで選んで大丈夫です。
もちろんマグカップがダブルウォール構造(2重構造)になっていれば、保温・保冷性が高いなどありますが、そのことが後悔に繋がることはほとんどないでしょう。
マグカップに関しては、それなりの値段はしますがデザインで選び、使うたびにいい気持ちに慣れるものが一番いいとももいます。

チタンシングルマグ(2,200円)

シングル構造とダブル構造でコスパが良いのは断然にシングル構造です。
まずはチタンシングルマグから手に入れるのがいいかもしれません。

ご購入 >

チタンダブルマグ(4,400)

ご購入 >

ダブルマグになってるくと値段はほとんど倍ですね。
しかし、その分保冷性や保温性が高くなります。
私は猫舌なので、保温性はない方がいいと思ってシングルを利用しています。

snowpeakには他にも後悔しない製品がたくさん

今回はおすすめ製品をテントとマグカップだけにまとめました。
実は他にも色々なおすすめ製品はあるのですが、今回はあえて2種類の製品の紹介で止めました。

というのもsnowpeak製品は決して安い製品ではないため、まだキャンプビギナーの方には他のブランドも知ってもらいたいからです。snowpeakが掲げているのはラグジュアリーキャンプです。そのため、公式サイトのイメージなどでもそうですが、大人数でキャンプをして大きなテントで快適に過ごすようなキャンプに合った製品が多いです。

しかし、キャンプというのは芸人のヒロシさんのようにワイルドな路線のキャンプもあります。
そういったキャンプを目指す方には他のブランドの方が良い場合も多いと思います。
なので、今回はついつい買いすぎちゃわないように2種類の製品の紹介にとどめました。

ぜひこれから素敵なキャンプライフを目指して、自分なりのキャンプを探してみてください。

おすすめの記事